プライバシーポリシー

賢トレ

外国為替を中心にお金に関する情報を発信

更新情報

米10年債利回りがはっきりと3%を超える ドル円チャート分析 ドル円の上昇トレンドはどこまで続くのか 円安はどこまで容認されるか、調整は入るのか 米10年債利回りがはっきりと3%を超える アメリカの10年債利回りは、15日移行はっきりと3%を超え
『【外国為替】3%を超えた米10年債利回りと視界良好な米国経済でドル高持続か』の画像

前回の続きです Prabolic SAR(パラボリック SAR)パラボリックSARは、トレンド相場を分析するために開発された指標です。上昇トレンドでは指標は価格の下に表示され、下降トレンドの時は価格の上に表示されます。価格がパラボリックSARに交差した場合、指標が転換し
『【シストレ】MT5に標準搭載されているインディケータを解説②』の画像

多くのFXブローカーのプラットフォームとして採用されているMT5(Meta Trader5)ですが、そのMT5に最初から搭載されている様々なインディケータを順番に解説していきたいと思います。便利で多種多様なインディケータを使いこなせるようになれば、それはシステムト
『【シストレ】MT5に標準搭載されているインディケータを解説』の画像

新規公開株(IPO)の魅力、初値で売るだけで大きなリターンが得られる 「IPO」(Initial Public Offering = 新規株式公開)とは、未上場企業が新たに証券取引所に株式を上場することです。上場前に安く手に入れることによって、特に難しい知識もなくただ初値で売るだけで多くの

Peingとは Peingは、Twitterユーザーが匿名の質問を受け付けられるサービスで、Twitterで次々に拡散されて人気を集め、公開から3週間で月間2億ページビュー(PV)規模に成長しました。26歳の個人開発者・せせりさんがわずか6時間で開発し、11月22日に公開、1か月後には株式
『Twitterで匿名質問「Peing」開発された経緯と個人web開発者が成功するためのコンテンツの作り方』の画像

システムを利用すれば、感情や運といった要素を排除してトレードを行うことができるテクニカルを主体とするトレードを行う場合、よく用いられる手法として、システムトレードがあります。システムは定められた通りに売買を行うので、一切の感情を排除して機械的な取引を行う
『【FX基本編】システムトレードとは何か、自分にあったトレーディングスタイルと手法を見つける』の画像

4月26日、ファナック(6954)は大幅減益見通しを発表し、一時14%安に迫る大暴落となってしまいました。現在の株価は23,685円と当然1カ月前と比べてかなり割安となっています。今期は減益となる予想ですが、今後もさらに大きく株価が下がるようなことになれば、逆張りの好機と
『【日本株式】割安感のあるファナック(6954) いつが買い時?』の画像

前回変動幅 前回 予想 (ドル円)5/809:00 中国・貿易収支 +5.9pips -298億元 1866億元10:30 豪・小売売上高(インフレ調整前) -9.9pips 0.9% 0.6% 豪・小売売上高 +2.7pips 0.6% 0.2%14:45 スイス・雇用統計 +0.5pips
『今週の重要経済指標』の画像

今月4日米労働省が4月の雇用統計を発表しました。非農業部門雇用者数は予想の19.2万人を下回り、結果は16.4万人失業率は、2000年12月以来17年4ヶ月ぶりとなる3.9%まで低下、先月比0.2ポイント改善しました。アメリカの失業率が大きく改善していることが明らかになった半面
『アメリカ経済、健全ではあるが過熱感はなし』の画像

今月2日に110円を付けたドル円でしたが、FOMCの内容は「利上げは据え置き、サプライズはなし」という市場の予想通りの結果であり、発表後はニューヨーク為替市場では110円を付けた達成感からか利益確定の売りが続出し大きく下落しています。その後は109円付近
『【外国為替】雇用統計発表前、今後もドルは上昇を続けるのか』の画像

ポンド主導でドル高に、ドル円やユーロドルも追随ポンドドルは、ロンドン市場序盤は1.3750付近でのもみ合いでしたが、英PMIをきっかけにポンドドルは一時1.36台へと下落しました。4月の英製造業PMIが53.9と事前予想54.8を下回り、1年5ヶ月ぶりの低水準
『ユーロやポンドなどほとんどの通貨が下落する中、ドルだけは堅調に推移』の画像

4/3021:30 アメリカ・PCEデフレータ -0.9pips (1.8%/0.2%/ (2.1%/0.2%/ (PCEデフレータ/PCEコアデフレータ/PCEコアデフレータ)1.6%) 2.0%)23:00 アメリカ・中古住宅販売制約指数 -1.7pips 3.1% 0.5%5/113:30 豪・中銀政策金利 -3.6pips 1.50% 1.50%23
『今週の重要経済指標』の画像

ある経済指標の結果が市場の予想通りであった場合、つまりそれは織り込み済みの情報ということになるので、為替レートは発表される前同様の動きを続けると予想されますが、実際はそうではありません。経済指標が発表され、その結果は予想通りであったが、市場はそれに大きく
『予想通りの経済指標でも、市場は予想通りには動かない理由』の画像

大幅安のファナック 19年3月期の連結営業利益を前期比33.9%減と、大幅減益見通しを発表したファナックの株価は寄り付き直後に前日比約14%下落し、終値でも同9.3%安となり、1銘柄で日経平均を約90円押し下げました。しかし崩れぬ日経平均 あまりに悲観的
『ファナック大幅安も日経平均は続伸』の画像

主要な3つの為替市場 東京市場が取引全体の約5%、欧州市場が約40%、米国市場が約20%を占めています。 市場の特徴と値動きの傾向 東京市場(09:00~15:00)日本、香港、シンガポールを中心としたアジア圏での取引が活発となります。3大市場の中での最も取引量が少な
『【FX基本編】トレーダーが覚えておくべき3つの市場とその取引時間』の画像

↑このページのトップヘ