プライバシーポリシー

賢トレ

外国為替を中心にお金に関する情報を発信

更新情報

前回変動幅 前回 予想4/2323:00 アメリカ・中古住宅販売件数 +3.5pips 554万件 556万件4/2410:30 豪・消費者物価指数(前月比/前年比/刈り込み平均・前期比/刈り込み平均・前年比/加重平均・ 前期比/加重平均・前年比) +3.5pips 0.6%/1.9%/0.4%/
『今週の重要経済指標』の画像

安倍晋三首相は日米首脳会談後の合同記者会見で、自由で公正な貿易・投資を目指すための協議を開始することでトランプ大統領と一致したことを明らかにした。茂木再生相とライトハイザーUSTR代表が責任者になる。日米首脳、新通商交渉開始で合意:識者はこうみる 友好ム
『無難に終わった日米首脳会談、市場に与えた影響は小さかった』の画像

前回変動幅 前回 予想4/1621:30 アメリカ・小売売上高(前月比/コア・前月比) +1.5pips -0.1%/0.2% 0.4%/0.2%4/1711:00 中国・実質GDP +8.2pips 6.8% 6.8%17:30 英国・雇用統計(失業率/失業保険申請件数) +1.6pips 2.4%/0.92万件 英国・I
『今週の重要経済指標』の画像

3月のドル円の値動きについて先月はトランプ米大統領が発言を続けている貿易戦争で大きく円高方向に動きました。アメリカが抱えている貿易赤字と今秋に控えた中間選挙を見据えた戦略的な発言だと受け取れますが、EUはそれにすぐ反応し対抗措置を発表、世界的な貿易戦争に
『【FX】ドル円109円台回復なるか、今後のリスク要因【為替】』の画像

トランプ米大統領は12日、環太平洋連携協定(TPP)への復帰を検討するよう、通商代表部(USTR)のライトハイザー代表と国家経済会議(NEC)のカドロー委員長に指示した。共和党議員がトランプ氏との会合後に明らかにした。共和党のベン・サッセ上院議員は声明で

東グータ地区への空爆 今月7日に反政府勢力の拠点東グータ地区へ行われた空爆によって、呼吸困難に陥る人たちが相次ぎ、多くの女性や子供が床に倒れ、口から泡を吹くなどして苦しむ様子が映像で伝えられました。化学兵器攻撃を受けた際の典型的な症状です。現地の医療団体の
『【日経平均反落】緊迫するシリア情勢、トランプ氏の決断【為替】』の画像

「貧困ライン」の実質値は下がり続けています。そのもとで相対的貧困率、すなわち「貧困ライン」に届かない人の割合が減っても貧困が改善したとは到底言えません。貧困ラインの実質値は、1997年の130万円から2012年は111万円、さらに15年には106万円へ同
『アベノミクスで増加する貧困層?生活保護基準引き下げ』の画像

「米通商代表部(USTR)に、中国に対して1000億ドルの追加関税が必要か検討するように指示」 中国国営メディア「ばかげた」脅しと反論 トランプ大統領は5日、米国による先の対中関税に対する「中国の不当な報復」を踏まえ、1000億ドルの追加関税の検討を通商代表部(
『トランプ、中国に対して1000億ドルの追加関税検討 激化する米中貿易摩擦』の画像

MetaTraderとはロシアのMetaQuotes Software社が開発した、世界中で高いシェア率を誇っている外国為替証拠金取引用のプラットフォームです。2011年にリリースされたMetaTrader5(以下MT5)が最新のバージョンとなります。しかし、MT5がリリースされ6年以上経過
『【シストレ】MT4とMT5 どちらのプラットフォームを使えばいいのか【FX、株、為替】』の画像

I have stated my concerns with Amazon long before the Election. Unlike others, they pay little or no taxes to state & local governments, use our Postal System as their Delivery Boy (causing tremendous loss to the U.S.), and are putting many thousands of r
『ツイッターでアマゾンに「口撃」繰り返すトランプ 米株全体に波及』の画像

米中間の貿易摩擦からの懸念や、フェイスブックやアマゾン・ドット・コムなど大手ハイテク企業に対して規制ないし課税が強化されるのではないかとの警戒感がある中、23時に発表されたISM製造業景況指数が予想を下回ったことをきっかけに大きく円高に動きました。106.2
『【FX】ドル円、105.66円まで一気に下落【為替】』の画像

中国は、米国によるアルミ・鉄鋼輸入関税に対する米国からの輸入品への報復関税を、2日に発動しました。これにより、米国産の豚肉やワイン、一部の果物、ナッツ類など128品目に対して最大25%の関税が課され、米中両国間の貿易摩擦が激しさを増しました。商務省は、世界
『中国、米アルミ鋼鉄関税に対抗 報復関税128品目最大25%』の画像

「高度プロフェッショナル制度」導入が試みられるまでの経緯戦後間もなく制定された労働基準法は、その時代に多数を占めていた主に一次・二次産業など労働時間規制になじむ仕事に従事する労働者や経営者に向けて作られたものです。しかし、その後経済が発展するにつれ第三次
『日本は「働きやすい国」になるのか 高度プロフェッショナル制度』の画像

 雇用情勢の指標とな有効求人倍率が、高度経済成長期に迫る勢いで伸びています。正規雇用の増加は理論上、日本経済にとっても働く側の人間にとってもプラスの材料ですが、主に中小企業にとっては深刻な人手不足が経営に直撃する状況になっています。また、働く人間にとって
『雇用増加は素直に喜ぶべきか 背景に人口減少』の画像

トランプ米大統領の輸入制限で世界的に自由貿易に影響が出る恐れ トランプ米政権は今月23日、鋼鉄アルミの輸入制限を発動しました。主な輸入相手であるEUやカナダなど7カ国・地域には関税適用を見送っています。通商拡大法232条に基づき、安全保障を理由にした輸入

↑このページのトップヘ