大幅安のファナック


19年3月期の連結営業利益を前期比33.9%減と、大幅減益見通しを発表したファナックの株価は寄り付き直後に前日比約14%下落し、終値でも同9.3%安となり、1銘柄で日経平均を約90円押し下げました。


ファナック 株価
ファナックチャート







しかし崩れぬ日経平均


あまりに悲観的なファナックの見通しにも、日経平均自体は続伸し、前日比94円24銭高の2万2413円85銭で終えました。ファナックショクが相場全体に波及しなかった原因としては、京セラやアドバンテストなど前日に好業績見通しを発表した半導体関連や電子部品関連の企業が多く、米株式市場もまた米アマゾンやインテルなど市場予想を上回る増収益が相次いだからでしょう。米株式相場が大幅高になり、1ドル109円台という水準も投資家心理を後押しし、リスクオンの流れになっているようです。


日経平均0427






連休明けに期待


ファナックの大幅減益見通しや大型連休前ということもあり手じまい売りが広がり、上値が重かった日経平均ですが、連休明けからは3月の好業績を発表した銘柄に海外勢の興味も集まり、底堅く推移していくと予想しています。