株取引にしろFX(外国為替証拠金取引)にしろ、予め決めた自分のルールに従ってトレードすることで負けを減らし、勝率を高めることができます。
何のルールもなくその時の感情に任せてレバレッジや損切りラインを決めていては、後でその取引の何が良かったのかまたは悪かったのか判断することができなくなります。
自分の取引をデータとして残す上でもルールに則ったトレードを行うことは重要です。



初心者でもわかりやすいルールを作ってみました。

・日足を見てレンジ相場なのかトレンド相場なのか、トレンドが発生しているなら上昇と下降どちらなのか判断する

・短い時間足(15分~1時間足)を見てエントリーポイントを見極める
支持線、抵抗線を引いてみたり、インディケータを見てダイバージェンスが発生していないか、転換する可能性はないかを判断する

・発注と同時にOCO注文を入れる
損切りラインは自分で引いたトレンドラインや支持線、抵抗線を利用してもいいですが、慣れないうちは15pipsくらいと固定して行うのがいいかもしれません。

・ナンピンはしない




このように予めルールを作っておき、感情は排してトレードを行うことで、負けが続いた時に何が悪かったのか分析し、次へ繋げることができます。
使う時間足を変えてみたり、インディケータを変えてみたり、利確ライン損切ラインを変えていくことで勝率の高いルールを探っていきましょう。