賢トレ

sagacious trade

年収・仕事

米国の深刻な労働者不足 アメリカでは、トラック輸送、建設、小売り、飲食、原油掘削、ハイテク、製造、ホテルなどの宿泊業など様々な業種で労働者確保が困難になっているようです。リーマンショク以降、1%~2%の低インフレ率のもと9年間景気拡大を続けてきたアメリ

Peingとは Peingは、Twitterユーザーが匿名の質問を受け付けられるサービスで、Twitterで次々に拡散されて人気を集め、公開から3週間で月間2億ページビュー(PV)規模に成長しました。26歳の個人開発者・せせりさんがわずか6時間で開発し、11月22日に公開、1か月後には株式
『Twitterで匿名質問「Peing」開発された経緯と個人web開発者が成功するためのコンテンツの作り方』の画像

転職求人倍率職種のトップは「インターネット専門職」(Webエンジニア含む)の5.66倍、続いて「組込・制御ソフトウエア開発エンジニア」の4.77倍、建設エンジニアの4.22倍だ。インターネット専門職は「IT企業に限らず小売業などウェブを販売ツールに使う多くの企業が欲しがり
『今、カネで奪い合いになる人気職種 ITエンジニアは最低でも600万円』の画像

「高度プロフェッショナル制度」導入が試みられるまでの経緯戦後間もなく制定された労働基準法は、その時代に多数を占めていた主に一次・二次産業など労働時間規制になじむ仕事に従事する労働者や経営者に向けて作られたものです。しかし、その後経済が発展するにつれ第三次
『日本は「働きやすい国」になるのか 高度プロフェッショナル制度』の画像

 雇用情勢の指標とな有効求人倍率が、高度経済成長期に迫る勢いで伸びています。正規雇用の増加は理論上、日本経済にとっても働く側の人間にとってもプラスの材料ですが、主に中小企業にとっては深刻な人手不足が経営に直撃する状況になっています。また、働く人間にとって
『雇用増加は素直に喜ぶべきか 背景に人口減少』の画像

年収700と1000それぞれに壁が存在 2001年以降、「年収700万円超」以上は所得税額が上昇し、「700万円以下」は軒並み減少しています。「1000万円超1500万円以下」の取得税負担は01年に88万8000円。16年には107万円に膨らんでいます
『所得税負担額 年収により大きな差』の画像

↑このページのトップヘ